オーストリアの失業保険はどうやったら受け取れる?

前回のつづきです。

日本人としてオーストリアで学業の滞在許可が下りているという条件でのお話をします。結婚やその他の滞在許可でオーストリアに住んでいる方とは失業保険などの扱いは多少異なってくることがあるのでご注意ください。

 

まずは社会保険の中身を確認!

まず、失業した後の失業保険について。失業保険は (Arbeitslosengeld) といいます。

オーストリアの企業で、ざっくり月470ユーロ以上働く場合、会社を通して社会保険 (Sozialversicherung) に入ります。この社会保険、オーストリアでは職業によって違う保険会社に支払いをします。

私の場合は、Österreich Gesundheitskasse (旧 Gebietskrankenkasse) の社会保険を支払っていました。ここの社会保険は基本、健康保険、労働保険、失業保険、年金の4つで構成されており、月々まとめて給料から差し引かれます。

とくに社会保険のなかに失業保険が含まれていることが重要で、もし個人で保険に入る場合、この失業保険の部分が欠けていることがおおくあります。

会社側から説明される機会はあまりないので、今一度、自分が何の保険を利用して、どんな内容なのか確認してみてください。

 

失業保険受給の条件

失業保険受給のために必要な条件はArbeitsmarktservice (AMS) のサイトに次のように書かれています。

  • "過去2年間のうち52週分"失業保険が支払われており ( 25歳以下は過去1年 26週分 )
  • Arbeitmarkservice(AMS) に失業中ということを申請している
  • 週20時間以上すぐに働ける状態であること

 

52週分ということは1年間分、ということ。つまり、オーストリアにきて最低1年間働き、保険を支払っていないと失業保険の受給資格は満たせません。今回のような不測のパンデミックで失業し、移住してから日が経ってなかったことで、このような保障が利用できなかった人もいたと思います。

自分がこの条件を満たしているかどうか分からない場合は、Arbeitsmarktservice (AMS) に問い合わせれば担当者に照会してもらえます。

 

失業保険受給の申請をすると、私の場合、受給期間は6ヶ月間で、そのあいだAMSから求人に関する連絡や面談などが設けられました。オーストリアではこのような事務的な手続きをする際には、人によって言っていることが違ったり、丁寧ではない対応をされることが多々ありますが、ことAMSに関しては私は個人的に悪い思いをしたことがありません。最近は電話対応が増えましたが、誰と話してもリスペクトをもって対応されていると感じます。

 

とはいっても、現在コロナの影響で失業者の多くが6ヶ月後も未だに仕事が見つからない状態はよくみられます。このように失業保険期間が終わった後、それでも仕事に就けない場合、緊急事態支援 (Notstandshilfe) というものに切り替わります。失業保険のように毎月銀行口座に振り込まれますが、失業保険よりも少ない金額になっていくがその違いですね。

 

この失業中の間、ときどきAMSから求職者のための講座への参加を提案されます。

コロナで失業 海外生活版

こんにちは。

今日は現在このコロナ禍における海外生活がどんなものなのか書いていきます。対策や社会保障など国や地域によって差のあるので、私の今日の書き物は一つの例として読んでほしいと思います。

 

まずは、おそらく皆が気になる仕事のお話。

海外に移住する人にとって現地の仕事に対する関心は高いと思います。そして、現在ののような感染のパンデミックが起こるとより海外移住は不安なものになりますよね。

私も私の仕事場も新型コロナの影響を多く受けました。ここではその昨年から今年にかけて海外で失業するとどんなことが起こるのか、について触れています。

 

私は3年間オーストリアで働いていました。ところが、2020年にパンデミックやそれに付随する対策が始まると継続予定だった仕事場からも突然の雇用止め。

ロックダウンが3月に突然決まったこと、海外渡航に制限がかかったことがきっかけでした。

 

私たちのお客さんはいわゆる国内からアジアまで観光にやって来るひとだったため、海外渡航に制限がかかると各国から来るお客さんの数が減り、頼るは国内のお客さんのみ。

それもロックダウンとなると集客の見込みはほぼ立たない状態です。ロックダウンが緩和されて人の行き来が許されたとしても、屋内に入れるお客さんの人数制限など、継続的な感染対策があったため、コロナ前のような運営はできませんでした。

こんなことから会社側から今は仕事がない、といわれ私は失業しました。

お互い一緒に働いてきた間柄なので、雇用主の人からいまでも状況の連絡は定期的に来ますが、彼らにとっても集客のメドがつかない様子。

 

失業ってびっくりするぐらい簡単にやってきますね。

このあとオーストリアでは失業率が跳ね上がり、特に20代から30代の失業率がコロナ禍で増えたというニュースをよく目にするようになります。みごとに私もその一員ということで、現代社会の波に乗っている事実に心が跳ね上がりました。こういう状況を楽しんじゃう自分がときたま顔をだします。

 

そんなこんなで、まじめな話。失業したらどうなるのか?という話に移ります。

失業後のお話の前に、ひとつ念を押しておきたいことは滞在許可についてです。

海外で暮らすということは、現地の役所で滞在許可を取得する必要があります。この国に何の目的で滞在しているのかを示すことで、それに対して国からの許可が下ります。この滞在許可の手続きを終えないと当国への長期の滞在や労働ができません。

目的の例としては、結婚のため、学業のため、労働目的や、家族がその国にいるためなどですね。

そしてこの滞在許可証の種類によって労働許可の条件や失業後の条件が少しずつ変わってきます。

 

わたしは学業目的のための滞在許可証をもらっています。なので日本人として学業の滞在許可が下りているという条件でのお話をします。結婚やその他の滞在許可でオーストリアに住んでいる方とは失業保険などの扱いは多少異なってくることがあるのでご注意ください。

それでは失業後どうなったのか、次回につづきを投稿していきます。

「女性ははやく新卒で就職したほうがいい!」海外渡航への背中を押した友人たち

はじめまして、ちびり、といいます。

背の順でならべば前から3番目というのがお決まりの学生時代でした。

まだまだ大きくなれると期待していたところ、今大人になってたどり着いたのは平均身長177センチの国で、より自分の小ささが際立ってしまいました。

このブログはそんなちいさな私、ちびりがヨーロッパ生活で経験するおおきな発見や日本に居たときとは違う社会の見方をお伝えする日常ジャーナル。

 

知らなければ楽かもしれない。でも知っていたほうが自分のためになる。

このご時世、自分の生き方、生きる場所を自分で決めて海の外に出たいと思う人も多いと思います。

私の場合、ヨーロッパに来る前にその決断を高校時代をともにすごした友達に話すと真っ向から、それは難しいよ、そしてあなたにとってもったいない。すでに働いている子からは、女性は早く新卒で就職したほうが今後不利にならないよなどと言われました。

その当時、私は黙ってしまいました。私自身は自分が幸せに生きたい場所を日本の外に見出したつもりなのに、友達は私の性別や年齢を日本の社会規範を結び付けて引き戻そうとする。もちろんそこにどういう意図があったか彼女たちの真意は分かりません。おそらく自分の経験をもとに単にアドバイスをしたかったのでしょう。

でも久しぶりに会った友人さえもそう思わせた日本の規範というものを私は心底嫌っていたようです。その出来事があってから、よけいに日本の外へ出てたいという欲求が強くなりました。

 

 

かつてのわたしのように周りに否定され、今の場所から出発できない人に向けて書きたいと思い、このブログをはじめようと決めました。

 

本日、外は雨嵐。雨足がつよくベランダを打つ音がガラス越しににぶく聞こえます。物事を始めるのは晴れの日が縁起がよいなんて思っていたほうですが、こんな日にブログをはじめるのも自分を省みるには意外と心地いい。いいアンバイです。